資産運用トラの巻
 

不動産投資が資産形成に有効な理由!

不動産投資が資産形成に有効な理由!

人生100年時代、将来的には労働者が減るので今の高齢者ほど年金をもらえない、定年退職後どうやって生きていけば良いのか、といった不安をお持ちの方は多いでしょう。また将来的なことだけでなく、給与収入だけでは生活が厳しいので不労所得を作って生活にゆとりを持たせたい、などの要望もあるでしょう。

そこで選択肢に挙がってくるのが投資です。投資といっても複数の手段がありますが、中でもメリットが多いのは不動産投資です。そこでこのページでは、なぜ不動産投資を選択すべきなのか、他の投資方法と比較して解説します。

ちなみに不動産投資以外の投資方法を否定しているわけではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。しかし不動産投資はそこまでリスクが高くない割に安定的に収入が入ってくるので、副業で始める方や投資初心者にもおすすめの方法です。

不動産投資で資産形成できる理由

不動産投資のROIをタブレットで確認している男性の手元

不動産投資には以下のようなメリットがあり、その結果資産形成に有効です。

  • 安定した家賃収入を得られる
  • 融資を受けられる
  • インフレに連動する
  • 生命保険代わりにできる
  • 手間がかからない
  • リスクがそこまで大きくない
  • 節税効果がある

以上のような理由から、不動産投資は資産形成に有効で、他の投資方法よりも地に足が付いていると言えます。各メリットについて、以下に解説していきます。

安定した家賃収入を得られる

家賃収入を計算してノートに書き込む男性の手元

不動産投資には、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。キャピタルゲインとは、不動産を購入し、不動産が値上がりしたタイミングで売却することで利益を得る方法です。この方法に関しては大きなお金を動かすことになり、リスクもそれなりにあります。

次にインカムゲインは、不動産を購入し、それを貸し出すことで家賃収入を得る方法です。不動産投資と言えば、このインカムゲインをイメージする方が多いでしょう。そして安定的な収入を得られるのもインカムゲインの方です。

老後のためにコツコツ資産を貯めていきたい、毎月使えるお金が安定的に入って来たら助かる、という方はインカムゲイン狙いで不動産を保有することになります。株の配当金などに比べても安定的で、なおかつ金額も大きいという特徴があります。

融資を受けられる

銀行で融資を受ける話し合いをする若い夫婦

不動産投資は不動産を購入する必要があるため、元手として大金が必要だ、というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし不動産を担保に銀行から融資を受けることが可能なので、すべて自己資金で賄わなければならないわけではありません。

不動産投資の初期費用の目安としては、だいたい60万~80万円程度です。後は融資で賄うことが可能です。

インフレに連動する

インフレになると、基本的に今保有している資産の価値は相対的に目減りします。しかし不動産の場合、資産価値も家賃もインフレに連動します。長期投資だといずれインフレが起こりますが、不動産投資ならインフレが起こっても問題ありません。

生命保険代わりにできる

怪我や病気に備えておく木のブロックを積み上げる男性の手元

住宅ローンで不動産投資すれば、団体生命保険に加入しなければなりません。そうすると、万が一自分が死亡しても遺族に遺産を残すことになります。生命保険に比べると掛金が安く、なおかつ家賃収入は不労所得になるので、それと合わせると遺族に入ってくるお金はより多くなります。

手間がかからない

副業で投資を行う人にとって、手間がかからないことは重要です。というよりも、手間がかかるとそもそも成立しない可能性が高いです。チャートに張り付いて取引する必要もなく、特に家賃収入であれば何もしなくても毎月固定のお金が入ってきます。

不動産の管理も管理会社に委託すれば自分では何もしなくて良いので、副業で始めるにも向いている投資です。

リスクがそこまで大きくない

不動産は株やFXと違って、急に価値が暴落するようなことは少ないです。また部屋への需要もあるので、空き家になって家賃がまったく入ってこないということも稀でしょう。もちろん場所によっては人が入らないこともありますが、事前にある程度リサーチして需要の大きいところの不動産を購入すれば家賃収入は安定します。

節税効果がある

31日の月末に電卓で小銭を計算

株やFXは節税できませんが、不動産投資は経費を収入から控除できます。具体的には以下の費用が対象です。

  • 固定資産税
  • 減価償却費
  • 管理費
  • 修繕積立金
  • ローン金利
  • 管理会社への手数料

以上の費用は少なくとも経費にできます。その分費用がかかっていることの裏返しでもあるのですが、節税できるというメリットとも言えます。

不動産投資の種類

立ち並ぶマンション

不動産投資の代表的な投資物件は以下です。

  • マンション一棟
  • マンション一室
  • アパート一棟
  • 戸建て

以上のような投資対象があります。まずマンション一棟丸ごと所有する方法ですが、これはハイリスク・ハイリターンな投資です。資金力がある人以外は最初に検討できる選択肢ではないでしょう。

次にマンション一室ですが、初めて不動産投資をする人におすすめです。マンション一棟に投資する場合、予算面からどうしても郊外などになるケースも多いでしょう。しかしマンションの一室であれば都会の駅近物件でも投資できるはずです。

立地が良ければ特に何もしなくても入居者が入ってくるので、大きな苦労なく不動産投資を始められます。まずはマンション一室の投資で不動産投資の感覚をつかみ、そこから資金に余裕が出たタイミングで新たな投資を考えるのも遅くはありません。

アパート経営もマンション経営同様に建物を丸ごと所有して始める経営です。マンション経営と比べると建物の規模が小さいため、初期投資費用はその分安くなります。とはいえマンションの一室に投資するよりはお金がかかります。

また場所によっては土地代が高いのですが、安い土地だと入居者を集めるのに苦労する可能性があります。立地と予算のバランスが難しいので、不動産投資初心者がいきなり保有するのは難しいかもしれません。

メンテナンス等はマンション同様委託すれば自分でやる必要はないので、その点は難しくないでしょう。難しいのは最初の投資先選定です。

最後に戸建てですが、最近注目されているタイプの不動産投資です。戸建てを購入して貸し出しを行うのですが、複数人がシェアハウスしているケースも多いです。また自分自身も一緒に住んで、家賃をもらっているパターンも最近はよくあります。

どのタイプの不動産を選択するかは資金力、信用力、収益のプランなどによって変わってきます。一つ言えることは、不動産投資であってもリスク分散した方が良いということです。

複数の不動産に投資しても、不動産以外の投資方法を組み合わせる形でも問題ありません。一つの不動産のみに絞ってしまうとリスク分散ができないので、有事の際に困ります。特に長期運用を考えるといつ何が起こるかわからないため、投資においてリスク分散の考え方は必須です。

まとめ

スーツを着たビジネスマン

不動産投資は資産形成に有効で、なおかつリスクが比較的少ないです。また副業で投資を始める人にとって、手間がかからないというメリットは大きいでしょう。サラリーマンが人生100年時代に備えて不動産投資を始めるケースも増えており、実際それで成功しているケースもあります。

そのため不動産投資は有効なのですが、投資全般リスク分散は必須の概念です。不動産同士でリスク分散しても良いですが、他の投資種類も含めて不動産投資を検討するのも一つの手です。

いずれにしても、一つの投資先のみに資産を託すことは避けた方が無難でしょう。リスクヘッジができれば、不動産投資は資産形成に有効です。

アバター
この記事を書いた人