資産運用トラの巻
 

【初心者必見】失敗しないための不動産投資とは。おすすめの物件は一体?

【初心者必見】失敗しないための不動産投資とは。おすすめの物件は一体?

投資の中でも一番運用のコストが抑えられると言っても良いのが不動産投資ではないでしょうか?株式投資や仮想通貨など幅広くある投資の中でも、最初の物件選びの段階で失敗しなければ、安定的な収入を得ることができるのが、不動産投資のメリットでもあります。

今回は不動産投資、初心者の方向けにおすすめの物件と、不動産投資物件のメリット・デメリットをわかりやすくまとめました。とはいえ、初めての不動産投資は専門家と相談して決めたいという場合は以下の無料の相談をしてみてください。

不動産投資のプロに相談してみるボタン

不動産投資初心者におすすめなのはワンルームマンション投資一択!

数ある不動産投資の中でも初心者のうちはリスクも少なく、他の不動産投資に比べて費用の面でも始めやすいワンルームマンション投資がおすすめです。ワンルームマンション投資を含め、不動産投資には以下のようなものがあります。

  • ワンルームマンション投資
  • 一棟マンション投資
  • アパート投資
  • 戸建て投資

各不動産投資において詳しく説明していきます。ワンルームマンション投資以外にもそれぞれメリット・デメリットがあるのでそれを理解した上で投資をするのが懸命です。

もちろんこの記事を読んで投資をしないといった判断もいいでしょう。不動産投資は費用面でもみても大きな買い物になるのですぐに決断できない人がほとんどです。なので、比較検討した上で、プロに相談するのも一つの手ではあります。それでは順に説明していきます。

ワンルームマンション投資

ワンルームマンションのバルコニー

ワンルームマンション投資とは、マンションの一室もしくは何室かを購入(=所有)し、それを賃貸物件として貸すことで家賃収入を受ける投資方法です。

他の投資方法とは初期費用がかからないので、比較的初心者にも始めやすい投資方法として、近年では都内在住のサラリーマンの中でも注目を集めています。

マンションやアパート、戸建てを購入するとどうしても管理費や手間が増えてしまいますが、それがないのが最大のポイントです。以下にメリットとデメリットをまとめました。

ワンルームマンション投資

メリット・立地が多いケースが多いため空室になることがあまりない・居住環境が整っている(スーパーや病院などが近隣にある)・初期投資費用が少ない・ローン完済後の収入が安定的・複数の物件を所有することでバランスの取れた分散投資が可能
デメリット・空室の場合、収入がゼロになるリスクあり・家賃相場の低下で収入が減る可能性がある・リフォームや改修の自由度が低い

以上のようなメリットとデメリットがあるものの、費用の面で始めやすいワンルームマンション投資は、ほったらかしたままでも運用ができるのでおすすめです。

まずはワンルームマンション投資でいくらくらい必要なのか、どこに物件を購入すればいいのかなどを検討してみましょう。次はマンションをそのまま一棟購入する投資について説明します。

一棟マンション投資

一棟マンション投資は、マンションをまるごと購入してそれを賃貸物件として貸し出す方法です。先程のワンルームマンション投資のもとになるような物件を購入するといったイメージです。

バブル期はこのような一棟まるごと購入する不動産投資が主流でしたが、今ではこのような買い方は少なくなりつつあります。というのも投資自体の費用的ハードルが高いことが起因しています。以下はメリットとデメリットになります。

一棟マンション投資

メリット・複数の物件を所有しているので月あたりの収入が大きい・マンションだけでなく土地の価値も加わり資産価値が上がる可能性あり・リフォームや修繕のタイミングを決められる・入居条件を決めることができる(喫煙可/ペット可etc…)
デメリット・初期投資費用が高い・天災でのリスクが大きい・流動性が低く売却先が見つかりづらい・固定資産税や都市計画税などの負担も大きい

以上のようなメリット・デメリットはあるのが一棟マンション投資です。ややハードルが高くなってしまうため、不動産投資初心者の方にはあまりおすすめできません。

アパート投資

アパート投資とは一棟マンション投資のアパート版と捉えていいでしょう。マンション投資よりも部屋数が少ない分、費用も抑えられる傾向にあります。ただし、物件のグレードが低くなってしまう可能性もあります。

具体的にはアパート内の設備や造りがマンションに比べて劣ってしまう点です。そのために入居者もある程度減ってしまう可能性があります。以下はメリットとデメリットになりますが、一棟マンション投資とあまり変わりません。

アパート投資

メリット・複数の物件を所有しているので月あたりの収入が大きい・マンションだけでなく土地の価値も加わり資産価値が上がる可能性あり・リフォームや修繕のタイミングを決められる・入居条件を決めることができる(喫煙可/ペット可etc…)・マンションよりも小さいので間取りや造りを決められる
デメリット・初期投資費用が高い・天災でのリスクが大きい・流動性が低く売却先が見つかりづらい・固定資産税や都市計画税などの負担も大きい・立地面でマンションよりも劣る・耐久性や防音の面で劣る可能性あり

アパート投資は土地所有者が建設するようなパターンが多いので、初心者だとなかなか手が出しづらい投資方法というのが現状です。上記のメリット・デメリットを考えても初心者向きとは言えないでしょう。

戸建て投資

最後に紹介するのが戸建て投資です。戸建て投資は読んで字のごとく、一軒家を購入してそれを貸し出して、家賃収入を受ける投資方法です。マンションやアパート投資よりも、自由度がきき、中古物件であれば費用も抑えられます。

戸建てを借りたいと思うのは主に子供をもった家庭だと考えられるので、ファミリー層が済みそうな都心よりも落ち着いた場所が向いているでしょう。以下は戸建て投資のメリット・デメリットです。

戸建て投資

メリット・初期投資が抑えられる・家庭持ちの入居であれば長期的に安定した収益が見込める・退去時の清掃やリフォームが少ない・自由度の高いリフォームや修繕が可能
デメリット・家族葬の引っ越しシーズン(1~3月)を逃すと通年で入居者がいなくなる可能性あり・急なリフォームが発生することがある(水漏れ、塀の修繕etc…)・収入源が単一世帯のみ

以上が戸建て投資のメリット・デメリットになります。自分で管理しないといけないことや入居者との連絡なども多少あるので、初心者の人では少し荷が重くやりたくなくなってしまうかもしれません。

そういった意味で「ワンルームマンション投資」が一番おすすめできる不動産投資だと言えます。

まずはワンルームマンション投資を検討してみては…?

投資は楽して稼ぐというよりも、如何に効率的に資産を増やせるか、リスクを最小限に抑えられるかがポイントになってきます。ここで紹介した不動産投資は一例ですので、自分にあった物件選び、投資方法を知りたい場合は是非、無料の相談をしてみてください。

不動産投資のプロに相談してみるボタン
アバター
この記事を書いた人