資産運用トラの巻
 

新型コロナウィルスで資産運用はどうなる?影響を受けない投資ジャンル~金地金~

コロナウイルスでの経済環境悪化の影響を受けにくい投資

昨今の混乱する投資の世界で比較的影響が少ない投資ジャンルが今回紹介します。それが、金/地金(gold)です。 近現代の経済活動が始まって、今まで経験したことがないような事態が起こっています。 新型コロナウィルスによる肺炎の蔓延による経済活動の停滞こそまさにそれです。 いままでにも、SARSあるいはMARSと言った疾患が発生したことがありました。 しかしいずれも局地的であり、今回のように全世界に伝播するような事態には至りませんでした。 こういった状況で、株式、為替、あるいは不動産などのREITと言った市場がネガティブな方向へ混乱しています(価値が下落している)。 安定の象徴ともいえる社債、公債と言った債権ですら、今後経済対策のために乱発され、価値が急変するリスクがあるのです。 そんな中、コロナウィルスの影響を比較的受けないジャンルが冒頭で紹介した金地金なのです。

地金の特徴

この地金のメリットや注意点、そして金地金以外のジャンルで影響の少ないものはないのかについても触れていきましょう。

メリット

無価値になることがない

金地金は、徐々に相場価値が上がっているものの比較的新型コロナウィルスの影響を受けることが少ない投資ジャンルです。 この金地金の投資のメリットは、無価値にならない、世界共通の通貨の側面、小額から投資可能と言ったものです。 金地金は、「有事の金」という言葉がある通り、戦争やテロ、恐慌、そして今回の新型コロナウィルスに対しても強さを発揮ししている資産と言えます。 その理由は決して無価値にならないということです。

例えば、株式や社債であれば会社が倒産すれば価値がゼロになりますし、公債であっても近年はギリシャや日本の一部の自治体のように破たんして価値を失うことがあります。

不動産に至っては、借り手がいなくなったり、災害があれば一瞬にしてその価値を失ったり、逆に処分目的で負債に代わることすらあるのです。 そんな中、金地金は地球の埋蔵量が限られているため、その価値を失うことはありません。 また、貴金属以外にも非常に多くの用途に利用されるため、その価値を失うことはないとも言えます。 この価値がゼロにならないという特徴が他の資産に見られないため、金地金はこの新型コロナウィルスの影響が少ないのです。

世界共通の通貨

世界共通の通貨というメリットもあります。 古今東西、アジアや欧米、そしてアフリカや南アメリカと言った第三世界でも金地金は、その価値を認めている資産です。 そのためどんな国へ行っても現地の通貨と金を交換することができます。 こういった背景から、世界のあるエリアが破滅的な経済損失を被り、あらゆる資産が価値を失ったとしても、金地金さえ持っていれば無事なエリアで現金やその他の資産と交換することが可能です。

手軽に小額から購入が可能

こういった強みを持っているのもメリットと言えます。 金地金と言うとテレビで見るようなインゴットをイメージしますが、実は投資対象となっている金は、金粉のようなグラム単位でも購入できます。

つまり少額から投資できるのです。 手元に何となく価値がなくなりそうな少額の資産がある、そんなときもその少額の資産を手放し、わずかな金地金に変えることもできます。 また、気軽さもあるのが特徴です。 今ではECサイトでも日本を代表する金の取り扱い企業である田中貴金属工業が販売を行っています。 そのため気軽に金地金を購入して、資産にできるのです。 新型コロナウィルスの影響を受けにくく、更にネットでも気軽に手に入れられてしまう、そんなメリットを持っているのが金地金といえます。

金地金の注意点/ デメリット

管理するコストがかかる

コロナウィルスにも負けない金地金ですが、注意点も存在します。 それは、保管コストのリスク、利息や配当を生まないと言ったものです。 自宅の金庫でもいいのですが、まとまった金地金を保管するには銀行の貸金庫を借りる、金地金の保管サービスを利用するといった方法があります。 しかしいずれも高額で、この保管コストの支払いによって実質全体の資産が目減りしてしまうというデメリットもあります。

利息や配当があるわけではない

金地金は、他の資産と異なり利息や配当はありません。 債権であれば利息、株式であれば配当がありますが、金地金はあくまで貴金属です。 そのためにこれ自体がそういった利益を生むことはありません。 確かに新型コロナウィルスの影響を受けにくい資産でもありますが、完全に守りの資産という背景があり、決してこれ自体が資産を増やすということはまれです(むしろ若干の価格変動で元本割れのリスクがある)。 こういった点に注意して金地金に投資しましょう。

金地金以外に安定している投資対象とは

金地金以外に新型コロナウィルスの影響を受けにくい投資先は、現在の全世界において基本的にありません。 強いて言えば、金地金の価格を扱った金の価格相場を対象にした金価格に連動するETF(上場投資信託)や金地金の直接やり取りをしない金の先物取引です。 このように金に関連する投資対象が主なものになります。 金に代わる影響のあまり受けない投資ジャンルは現在ないといっても過言ではありません。

ただ、こういった時こそ避けるべきは資産の狼狽売りやパニック売りと言った衝動的な資産の手放しです。 特にこの新型コロナウィルスの影響を受けてiDeCo投資(確定拠出年金投資)の解約など焦った行動はとらないことをおすすめします。

確かに単独の企業の株式であれば手放したくもなりますが、焦って売りに出ると言った衝動的な行動は、かえって裏目に出ることが珍しくありません。 今は3日連続で下がろうとも5日連続下がろうとも、数カ月、あるいは半年以上待つつもりで我慢しましょう。 持っている株式の企業もきっと新型コロナウィルスに対して何かしらの経営上の対策を打ってくるはずです。 影響のあまり受けない投資ジャンルへ投資するというのも悪いことではありませんが、こういった我慢の資産管理も重要と言えます。

新型コロナウィルスで資産を手放してもいいパターン

資産を我慢して持つことを紹介してきました。 しかし、もちろん新型コロナウィルスの影響で資産を手放してもいいパターンというのも存在します。 それは、手持ちの現金を確保したい場合、十分な利益が確保されている場合です。

現金を確保したい場合

手持ちの資金を確保したい場合は、当面の生活費や仕事の運転資金と言ったものを今すぐ手に入れたいというパターンになります。 投資に現金を投入しすぎて肝心のキャッシュが心もとないという状態であれば、これからの新型コロナウィルスの影響を考えて手放すというのもありです。 日本の場合、いきなり現金が紙くずになるということはまれですから、こういったパターンに陥った場合は迷わず資産を手放してキャッシュを手にしましょう。

利益が十分確保できる場合

十分な利益が確保されている場合も手放していいパターンです。 新型コロナウィルスの影響で多くの業種が深刻なダメージを受けています。 しかし、その中でも影響が比較的少ない企業というものも少なからず存在しているのです。 そういった企業の株式を持っていて、買った当初よりもかなり価値が上がっており、十分利益(下落があっても収益を確保できる状態に)が得られて、株式のようなリスク資産を保有し続けることが辛い場合は手放してしまうのも手段の一つと言えるのではないでしょうか。

このように新型コロナウィルスの影響を受けにくい投資ジャンルを探すのも良いですが、デメリットもあります。 資産を我慢して保有し、必要に応じて手放すというスタイルもこの新型コロナウィルスの影響下では有効ではないでしょうか。

アバター
この記事を書いた人